結婚指輪購入を徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚指輪.net > お役立ち情報 > 失敗しない結婚指輪の色の選び方

失敗しない結婚指輪の色の選び方

日本で一番一般的な結婚指輪の色って?

結婚指輪、ブライダルリングの色についてどんなイメージをもたれるでしょうか?
ほとんどの人は、プラチナをイメージされると思います。
ゼクシィの調べでは、実に8割近くの方が実際にプラチナの結婚指輪を選んだというデータも出ています。
普段使う上で耐久性に優れるので実用的ですし、上品な輝きなので、過度に主張せず日本人の国民性にあっているのかもしれません。

最近人気のブライダルリングとは

上記の通り8割近くの方が、プラチナを選ぶようですが、
一方で自分らしい指輪を身につけたい。ということで少し違う指輪を選ぶ方も増えているそうです。
特に「カラーゴールド」を選ぶ人というのは増えてきています。
カラーゴールドというのは、金に銅やパラジウム、銀などを加えることで
ピンクやホワイト、グリーンなど色味を表現している合金のことを指します。

ピンクゴールドに関しては、結婚指輪以外のアクセサリーで見たり聴いたりしたことのある方も多いのではないでしょうか。

自分にぴったりな指輪の選び方

シンプルに好きな色を選ぶ。でも間違いないと思いますが、いくつか方法があります。

○女性の場合
 →グロスやチークの色に合わせる。

オレンジやピーチ系の色を使っている場合、イエローゴールドかピンクゴールドが似合うと言われています。
同系色だと違和感がないということでしょうか。

ローズ、ボルドー等を使っている場合は、
プラチナやホワイトゴールドがオススメだそうです。

メイクに合わせて指輪を選ぶのもひとつの選択肢ですね。
違和感のないものを選べば、長くしっくりくるブライダルリングを選べるのではないでしょうか。

また、指輪もファッションと同じですので、他の服飾品と同様に洋服の色と合わせるのもオススメです。
これなら、男性の指輪も選びやすいですね。

それから、コンビリングを使えば、色を迷っている方も満足できるかもしれません。

こちらの情報も参考にご自身に合う指輪を探してみてはいかがでしょうか。