結婚指輪購入を徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚指輪.net > ブランド紹介 > カルティエ

カルティエ

今では当たり前のように、マリッジリング(結婚指輪)といえばプラチナですよね。
でも昔はプラチナでリングを作るというのは当たり前ではなかったんですよ。
もともと結婚指輪の始まりは”鉄の輪”だったということですから、時代も変わったものですよね。
プラチナは変色もせず、変質もしないということで「永遠の愛」を象徴するものとして結婚指輪に加工されるようになったのですが、その始まりをつくったのが『カルティエ』なんです。
カルティエのブライダルリングといえば有名なのが「バレリーナ」ですが、カルティエはデザインももちろん、ダイヤモンドの品質にも本当に拘っているんです。
選定師によっていわゆる4Cの基準をこえたダイヤモンドのなかから更に50%以上ものもダイヤモンドがふるい落とされてしまうほど厳しい選定基準を設けており、そうしてのこったものが「カルティエダイヤモンド」とよばれているんだそうです。
そして、人とかぶるのも品質が悪いのもいや!という方にこそおすすめなのがカルティエなんですが、なんとカルティエではセミオーダーができるんだそうです。
なかなかこんなハイブランドでオーダーできるなんていうイメージはないと思いますが、嬉しいですよね。
もともと6パターンあるデザインに対してセミオーダーしていくものなので、一からはイメージができないけど・・という方でも安心ですよね。
世界が誇るカルティエで人生にたったひとつの結婚指輪を作れるなんてとても記念になりそうです。